水のトラブルが起きたら賢く対応

水のトラブルが起きたら賢く対応 水のトラブルが起きたときは、慌てずに賢く対応していくことで無駄な費用をかけずに済みます。そのためには、基礎知識を持っておくことです。水のトラブルは普段起きないため、意外と関心を持たない人が多いことも確かです。
しかし、夜間など連絡がつきにくい時間帯にどう対処したらいいのか知っておくだけで違います。特に集合住宅は配管がつながっていますから、別住戸に二次被害を起こす可能性もあるので注意が必要です。蛇口の水漏れなどは状態によっては自分で処置できることがあります。
現在は、インターネットでもその方法が紹介されていますから、調べてみるといいでしょう。大切なことは状況に応じて的確に対応していくことです。

■水道局指定店を選ぶ

意外と知られていないことですが、業者には指定業者とそうでない業者が存在します。見積もり金額が相場と比較して異常に安い場合は要注意です。その業者は非指定業者である可能性があります。
水道工事は水道局が水道局指定工事店として認定しないと工事ができないことは法律で定められています。知らないで非指定業者に依頼してしまい、それが水道局に知られると給水を止められることがあるので注意しましょう。
非指定業者の場合は、筆記試験のみで取得できる資格しか取得していないことが大半です。当然、修理の実務経験がほとんどありませんから、「修理しても直っていない」などのトラブルが起こりやすくなります。トラブルを避けるためにも水道局が認定している業者か必ず確認しましょう。

■水のトラブルに適用される保険
家に住むときに必ずと言っていいほど火災保険に加入しますが、この保険は水のトラブルも対象になるのです。個人賠償責任保険も同様に対象になります。
具体的にどういう水のトラブルが対象になるのかと言いますと、水道の配管トラブル、水漏れなどです。個人賠償責任保険では、浴室や洗濯機の水トラブルなども対象になってきます。
保険対象になるかどうかは、突発的に起きた想定外のトラブルかどうかです。集合住宅の場合、下の階の天井の浸水などもこれに該当します。ただし、注意点があります。洗濯して水があふれてしまったり、お風呂の水を止めるのを忘れて床下浸水したりしたケースです。
設備の故障は対象になりますが、あくまでも給水設備のみです。浴槽や洗濯機は給水設備ではありませんから対象になりません。排水管の破裂などは給水設備ですから対象になります。

■水漏れかどうか調べるには

実際に水漏れしていても少量だと気づかないこともあります。水道料金がなんとなく高いということで水漏れしていないか調べだすこともあるでしょう。水漏れをそのままにしておくとカビが発生してしまうこともありますから、普段から湿っている部分があるようなら点検してみることをおすすめします。
水を使っていないのに周囲が濡れている場合は水漏れしています。目視で確認できる場合とプロじゃないとわからない場合があります。その場合は、プロに診断してもらいましょう。
2か月に1度郵送されている「水道下水道使用水量等のお知らせ」には、前年度同月の使用量が記載されています世帯数が変わらずに使用量が増えていた場合は水漏れをしている可能性があります。水漏れしていることが確認できた場合は、近くの止水栓を閉めて、被害が大きくならないようにします。その状態で可能な限り修理に来てもらうか、自分で修理可能な場合はなおすなど迅速に対応しましょう。

■まとめ
配管が破裂するなど突発的な水のトラブルよりも、排水管のつまりや蛇口からの水漏れなどがほとんどでしょう。普段から掃除をまめする、注意することで対策できるケースが大半です。掃除を日常で心がけることで水のトラブルもある程度は防げます。
それでも、経年劣化などで水漏れすることもありますが、それを想定して普段からどの業者に依頼するか決めておくことも大切です。
また、住んでいる水回りの部品が自分でなおすことが可能なのか調べておくと慌てずに済みます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース